PMS 緩和

PMSになりやすい人の特徴

 

月経前症候群 緩和

生理前はいろいろな体の不調や
精神的な不調がありますね。それは
多くの女性が経験しているでしょう。
決して少なくないですし、
多数派の症状であることがいえます。

 

多くの症状があり個人差も大きいですが、
よりPMS(月経前症候群)になりやすい人の
特徴を3つにまとめてみました。

 

 

ストレス

ひとつめの特徴はストレスの多い環境にいる人です。
仕事などで疲れが慢性的にたまっている方や
トラブルや悩みなどを抱えている人は
月経前症候群になりやすいことが分かっています。

 

ストレスは自律神経に大きく作用し、
月経前のデリケートな時期の体にも影響します。

 

ストレスをためないようにするのはなかなか難しい事ですので、
仕事などでストレスを感じたらできるだけリラックスする方法や
ストレスを発散させる事などを自分で見つけて
セルフケアできるように心がける事が大切です。
その事がPMSを予防するひとつの対策といえます。

 

偏食の方

ふたつめですが、食事や嗜好品などでも影響があるんです。
普段から偏食気味の人は要注意です。
野菜などを食べない人はビタミンやミネラルが
不足しがちになり、生理前の諸症状になりやすいとされています。

 

その他タバコやお酒、コーヒーなどを
好んでよく摂取する方は血液のめぐりが悪くなるため、
生理前の不調になりやすいとされています。

 

 

できるだけお酒やタバコは控え、
カフェイン摂取もほどほどにしましょう。

 

ビタミンEをはじめ、ビタミンB6やカルシウム、マグネシウムや
大豆製品を多くとるように心がけましょう。

 

大豆製品はイソフラボンが含まれて
いるので、急激な女性ホルモンの減少にも役立ちます。

 

几帳面な性格

みっつめですが、意外かもしれませんが
PMSになりやすい性格というのがあります。
こんなタイプの性格の方はPMSになりやすいと言われています。

 

  • 枕が変わると寝れないなど、神経質
  • 仕事場でもプライベートでも、とっても生真面目
  • 綺麗好きな几帳面タイプ
  • つい完璧を求めてしまう完全主義
  • 人前に出ると緊張するタイプ
  • 細かい事に目が行きやすく、少しの事でも悩みがち
  • 悩みがあっても全然平気なフリをしてしまう
  • 少しの事なら我慢してしまう

 

ストレスをためやすい性格かどうかがカギになります。

 

 

いきなり性格を変えるのはまず、難しいですよね。
ただ、できるだけ大らかにいようと意識するだけでも全く違います。
ストレスともつながりがありますが、
自宅でヨガをしたり、普段から副交換神経が
優位くるように自分なりのリラックス方法を見つける事が重要です。

 

毎月PMSで悩んでいる方は環境や食事、
気持ちの面で見直してみて、参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

PMSの原因
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSの病院の治療って何をするの?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSとPMDDの違い
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSの具体的な症状
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
月経前症候群と漢方薬
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSを改善する食べ物は?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
ハーブを上手に使い分けましょう
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
月経前症候群漢方緩和術とは
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策には月経前症候群漢方緩和術が有効と言われています