月経前症候群漢方緩和術

月経前症候群漢方緩和術とは

PMS(月経前症候群)の症状の改善には薬の治療を
思い浮かべる方も多いと思いますが妊娠中や産後の方には
副作用の心配もありますし薬の使用には慎重になってしまう場合もあります

 

そこでそういった心配のある方には月経前症候群漢方緩和術の方法もあります
漢方医学では「気・血・水」の三つの要素がお互いに影響しながらバランスを保って
人体を形成しているという概念があります。

 

月経前症候群漢方

 

そのバランスが崩れると体に症状が現れてくるとされ
PMSでは特に「血」→血液のめぐり、「気」→食べ物からの生命エネルギー&気の流れ。

 

この二つの崩れが原因と考えられていて

 

「血」の流れが悪くなると頭痛、肩こり、腹痛
「気」の流れが悪くなると情緒不安定、イライラ、抑うつなどの症状が現れると考えられ

 

気と血のめぐりを良くする漢方を処方されます。

 

主に処方される漢方薬

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 体力がなく疲れやすい女性に用いられることが
    多くPMSに処方される代表的な漢方薬

  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 月経前のイライラや攻撃的な感情の方、
    不眠傾向の方に処方される漢方薬

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 肩こり、下腹部痛、頭痛、のぼせ、冷え性など
    女性ホルモンの変調が原因の症状に適した漢方薬

  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 便秘、精神不安定、不眠、腰痛に適した漢方薬

 

漢方薬の最大のメリットは西洋薬と違って体に負担が少ないことです
西洋薬のように薬効成分によって強制的に症状を抑えるのではなく
その人の自然治癒力を高めることが目的になります

 

その為に、月経前症候群漢方緩和術には即効性がないのが
デメリットと言えるかもしれません

 

 

更にいうと最近では薬局やドラッグストアでも漢方薬は購入が可能に
なってきましたが、それでも月経前症候群に効果がある
漢方は売っていることが少なく手に入れるのが難しいこと

 

 

また良薬は口に苦しという言葉もあるくらい漢方は飲みずらいです

 

そこで、手軽に漢方を摂取できるものとしてサプリメントの活用です
月経前症候群対策のサプリは最近では増えてきていますが
その中でも、漢方緩和術を意識したサプリが高麗人参、クワンソウ
やんばる生姜を取り入れた「めぐルナ」です

 

漢方薬の苦さなどが苦手な方はこういった漢方緩和術を
取り入れたサプリメントなどを併用していくのも一つの方法です

 

>>めぐルナはコチラ<<

関連ページ

PMSの原因
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSの病院の治療って何をするの?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSとPMDDの違い
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSの具体的な症状
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSになりやすい人の特徴
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
月経前症候群と漢方薬
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSを改善する食べ物は?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
ハーブを上手に使い分けましょう
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます