PMS 症状

PMSの具体的な症状

 

月経前症候群 緩和

 

生理前になると何だかイライラする…
はたまた体のどこかに色々な症状が出る。

 

ほとんどの女性が、出方に個人差は
あるものの経験しているはずです。

 

 

PMS(月経前症候群)と呼ばれているこの症状ですが、
実際にどんな症状があるのでしょう。

 

まず、症状は大きく分けて3つに分かれます。

 

  1. 体に不調の出るタイプ。
  2. 精神的に不調になるタイプ
  3. 2つ同時に症状が出るタイプです。

 

体に出るタイプ

まず、体に現れる症状の具体的なものとしてあげられるのが

 

  • 下腹部の痛み
  • めまいや吐き気
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 不眠症状
  • 疲れやすい
  • 胃がもたれる
  • 便秘や腸が過敏になる

 

など、悩む人がいればその人の数と同じくらいの
症状があるとされ、体の症状は人によって違うのです。

 

ここにあげるだけでも、日常生活の中で何もしたくない
と思ってしまう症状ばかりですね。

 

昔は病気ではないのだから
我慢すべきなんていう考えが普通でした。

 

科学が発展するとともに原因もわかるようになってきたので、
悩むだけではなくまずは自分の体について
知ることが大切ですよね。

 

心に出るタイプ

そして次に、心の症状ですが、

 

  • イライラする
  • 少しのことで、落ち込んでしまう
  • 誰とも会いたくない
  • 感情の起伏がはげしくなる
  • 何もやる気が起きない

 

 

など、鬱の症状にとても似ていますね。
感情のコントロールがきかなくなり、
イライラしたり涙が止まらない人もいるのです。

 

この症状も、女性ホルモンの急激な
変化によるものとセロトニンというしあわせを
感じる物質の減少により、自律神経に
支障をきたしているということがわかっています。

 

両方に出るタイプ

そして、この体と心の症状が同時に起こるタイプです。
症状の数や弱い症状でも大体の女性は
このミックスタイプに当てはまるはずです。

 

その月によって月経前の不調の種類がかわる人もいます。
胃にくる月があったり、また違う月はニキビが増えたりとその時の
生活環境や食べるものによっても違ってくるのです。

 

 

PMSかどうかは、確かに判断が難しいです。
上記を参考にしてもらえば分かりやすいですが、
もう一つの大切な基準は、日常生活が普段と変わらずに
行えるのか、という点です。

 

少し変化はあるものの、
平和に過ごせるなら症状は軽いのかもしれません。

 

自分自身で自覚症状があり、日常生活にも支障をきたしたり、
仕事を休むなどの支障がでるほどだと、一度医療機関で診てもらうと
いう選択もあります。

 

まずは、生理前の不調で悩んでいる人は
愚痴的な症状を調べることからはじめましょう。

関連ページ

PMSの原因
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSの病院の治療って何をするの?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSとPMDDの違い
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSになりやすい人の特徴
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
月経前症候群と漢方薬
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
PMSを改善する食べ物は?
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
ハーブを上手に使い分けましょう
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策は知識があれば意外と簡単に実践できます
月経前症候群漢方緩和術とは
毎月やってくるPMS(月経前症候群)が辛くてイライラする自分も嫌い…。そのPMSの症状を緩和する対策には月経前症候群漢方緩和術が有効と言われています